インポテンツ改善に効果的な食べ物と成分

インポテンツは男性器の症状で、性行が不能であることを指し、自信の表れである男性器が勃起しないのは、大きな悩みとなります。勃起不全や勃起不能とも呼ばれ、加齢とともに発症リスクは高まりますが、最近では20代でも勃起しない、性行中に中折れになるといった相談も多いようです。勃起というものは、性的な刺激や興奮によって、男性器に血液が流れ込んで起こるもので、インポテンツになるということは血液が送り込まれていない血管障害の一種と捉えられています。そのため、インポテンツを改善するには、血液が流れやすくなるような食事を摂ることが好ましいとされています。精力増強として有名な食べ物は、うなぎ、すっぽん、牡蠣、生姜、山芋、にんにく、レバーといったものが挙げられます。これらは全て造血効果や血管拡張など、血液に関わる改善効果のある食べ物です。特に牡蠣やレバーなどに含まれる亜鉛は、体に必要とされる必須アミノ酸のひとつで、タンパク質の合成に必要不可欠となっており、精子を生産するうえで重要な成分です。また、精力剤に多く利用されているシトルリン、アルギニンのアミノ酸は、体内で相互変換されて血管拡張作用を及ぼします。その結果、血液が通りやすくなるため、勃起改善に効果的な成分となります。食事で摂取するには、シトルリンで最も多いのがスイカで、次いで同じウリ科のきゅうり、ゴーヤ、ヘチマなどがあります。アルギニンでは豆類に多く含まれ、大豆や豆腐からも摂取することができ、豚ゼラチンや魚介類のエビやマグロにも含まれています。ただし、インポテンツの改善のためとはいえ、これらの食事ばかりを摂っても栄養が偏って体調不良に陥ることもあるので、その他の食事とバランス良く栄養を摂ることが大切です。

■通販で治療する方も大勢います
シラグラはインドに行かなくても通販で購入可能
■全国のクリニック情報があります
ED 治療
■即効性に定評があります
メガリスの体験談
■3大ED治療薬の一つです
レビトラ