前立腺肥大によるインポテンツと医薬品の製造メーカー

前立腺肥大症を治療するためには男性ホルモンの働きを弱めなければならないので、インポテンツになる可能性もあります。男性ホルモンは性欲などにも影響を与えるホルモンなので、減少することで勃起状態の維持が難しくなります。前立腺肥大症の治療薬を服用することでインポテンツになった場合には薬の服用が完了すると元通りになりますが、前立腺を切除した場合にはインポテンツが継続する可能性もあります。前立腺肥大症は年齢とともに増加しますが30代から症状が出始めて50歳で30%、60歳で60%、70歳で80%程度の男性が前立腺肥大症になります。治療を必要とするのは排尿症状が伴った場合だけで、全体の25%程度の人だけが治療を必要とします。原因は肥満や高血圧、脂質異常症などですが、野菜や穀物、大豆などを積極的に食べることで予防をすることができます。インポテンツは勃起改善薬で症状を改善することができますが、薬の値段が1錠2000円なので医療費の負担がかなり高くなります。そのために多くの人が個人輸入で薬を手に入れていますが、ジェネリック医薬品は製造メーカーなどを確認しないと粗悪な薬を購入してしまうので、信頼できる業者に依頼をして手に入れなければなりません。注意すべき製造国としてはインドや中国がありますが、とくにインドはジェネリック医薬品の製造が盛んに行われているので、有効成分が少なかったり、全く入っていないことが多いとされています。日本の個人輸入業者の中には第三者機関で検査を行って、有効成分が入っているものだけを販売している業者もいるので、ジェネリック医薬品の正規品を製造しているメーカーから直接購入している業者からは本物を手に入れることができます。