インポテンツの治療と射精が半分の時間になる症状

射精までの時間が平均の半分程度になった場合には精神的なストレスなどによる早漏の可能性があるのですが、あまり気にし過ぎると症状を悪化させてしまうので、射精までの時間が半分になっても気にせずにセックスをすることが重要でパートナーもあまりそのことには言及せずにプレイを継続しなければなりません。男性の場合はペニスの血液量によって勃起状態が維持されるので、精神的にダメージを受けると体の他の部分に血液が集中するので勃起ができなくなっていまいます。この状態がインポテンツで、勃起を維持できないので射精することができないので、充実したセックスをすることができなくなります。インポテンツと射精時間が半分になる症状の原因は同じ場合があるので、精神的なストレスを受けたときにインポテンツの症状が出るか、それとも早漏の症状が出るのかは個人差があると考えられています。インポテンツは外傷によるものや先天性の病気によるものがあるので手術や特別な器具が必要になる場合もありますが、ほとんどの場合はトラウマや精神的な疲れが原因なので心理療法や抗不安薬の投与などによって改善することもあります。EDの治療を必要としない場合には勃起改善薬を服用することで勃起を維持できるのでセックスをするときに服用するだけで満足度の高いセックスをすることができます。問題点としてはセックスをするたびに1錠あたり2千円以上する薬を服用するので負担が大きくなることや、血圧を下げる効果があるので降圧剤を服用していると急激に血圧が下がることです。副作用はほとんどありませんが、勃起状態が何時間も続いてしまうことがあるので、使用量には注意をしなければなりません。